はじめに大きく1点目の「新型コロナウイルスによる市政運営への影響と対策」についてお伺いします。
新型コロナウイルスは市政運営にも大きな変化をもたらしました。通常の行政運営と新型コロナウイルス対策の両立、新型コロナウイルス対策感染拡大防止と地域経済再生の両立など前例のない複雑な課題にスピード感をもって対応しつつ、更なる長期化への備えを同時に進めていかなければなりません。そこで何点かお伺いします。

 

はじめに、「中止になった事業・延期とする施策とその予算」についてお伺いします。
新型コロナウイルス対策に係る予算は起債対象ではなく、国からの臨時交付金と行政にとっての貯金であります財政調整基金、さらに当年度予算の組み換えを財源にしております。長期戦に備えては、市独自の予算を更に確保していく必要があります。既に中止になった事業・延期とする施策の予算として、第3号補正予算で約2千3百万円が挙げられていますが、それはどのような判断によるものなのでしょうかお伺いします。また、更なる新型コロナウイルス対策に向けては、予算が更に必要になってくる事を鑑みますと今回削減された予算はあくまで一部でありこれからも事業・施策を見直して予算を確保していくのでしょうかお伺いします。

次に「予算執行の優先順位を再検討」についてお伺いします。

 

本市は近年厳しい財政状況であり、当初予算編成にあたってかなりり事業・施策の精査が行われたうえで議会に上程されたものであると認識しますが、新型コロナウイルス感染症対策はこれまで経験したことのない緊急事態であります。当然、行政として新しい生活様式にもとづく市民生活の変化を支えるために予算を伴う施策展開が必要になります。そこで、今一度、各事業、施策について優先順位を再検討して今取り組むべきものとそうでないものの仕分けが必要になってくると考えますがご見解をお伺いします。

次に「歳入減の見込み」についてお伺いします。

 

新型コロナウイルス対策による歳出の増加と併せて歳入の減少も深刻であると想定されます。経済の停滞、景気の落ち込みから個人、法人からの税収、交付税など相当額の歳入減になるものと想定されます。そこで、その見込みと対策についてのご見解をお伺いします。

 

次に「行政計画の見直しと柔軟な対応」についてお伺いします
新型コロナウイルス対策で行政運営に変化が生じることになれば、各部各課が進めている行政計画にも見直しが求められます。計画期間はもちろんのこと、新しい生活様式を考慮した計画内容自体の見直しもあると考えますがご見解をお伺いします。
特に公共施設マネジメント事業計画については見直しが必要であると考えます。私自身は、将来の入間市を考え、施設の統廃合を含む各公共施設の維持管理を計画的に進めていく公共施設マネジメントについて推進、賛成している立場でありますが、その進め方を見直すべきであると考えます。地域の要となる公民館、小・中学校においては機能の見直しに伴うハード面の整備方針において、これまでとは違う新しい生活様式の反映が必要です。そこで、公共施設マネジメント事業計画の見直しについてのご見解をお伺いします。

 

次に「更なる長期化への備え」についてお伺いします
既に新型コロナウイルスの影響は長期化しておりますが、更なる長期的かつ多岐にわたる影響が今後想定されます。タイムリーに効果的な対策を打つうえでまず必要なのが「情報」です。市民生活、地域経済の状況、国・県(今回においては特に保健所)からの情報収集、また具体的な対策に向けた情報共有の徹底が必要です。これまでの取り組みを振り返っても、情報取集と情報共有に課題があり更なる強化が求められると考えますがいかがでしょうかお伺いします。
また、限られた予算で最大限の効果を出すためには入間市の現状から重点的に取り組くんでいく施策を示すべきであると考えます。国から示されたから、他市がやっているかではなく、入間市がなにをすべきか考えて取り組んでいくべきです。そこで追加補正予算も含め今後さらに重点的に取り組んでいくものはどの様な施策なのでしょうかお伺いします。私は「元気な子どもが育つまち」、「日本一の教育都市」を目指す入間市として、新しい生活様式にあわせて保育・教育環境の充実を含む子育て施策にもっと目を向け、是非重点的に取り組んでほしいと考えます。

 

最後に「今後の方針とメッセージ」についてお伺いします。
改めまして、今日(こんにち)の入間市の状況を踏まえまして、市長として新型コロナウイルス対策についてどのような姿勢、意気込みで取り組まれるのかについて、今後の方針とメッセージをお伺いします。

続きまして大きく2点目の「新型コロナウイルスによる学校運営への影響と対応」についてお伺いします。
新型コロナウイル感染拡大防止から教育現場では、3月2日から5月29日の間に初の一斉臨時休校を実施しました。急な休校で対応にご苦労も多かったものと存じます。特に年度末の学年をまたいで長期間で先の見えない休校で現場の先生方、保護者の皆様、そしてなにより児童・生徒の皆さんにはご対応、ご協力頂きまして感謝申し上げます。そこでコロナ禍学校運営について何点かお伺いします。

 

はじめに「臨時休校中の対応」についてお伺いします。
臨時休校中の対応はどのようのものだったのか、家庭との連絡状況と具体的な取り組みについてお伺いします。

次に「学校再開時の対応」についてお伺いします。

 

6月から分散登校で学校を再開し、先週には通常登校に戻りました。各学校でソーシャルディスタンスや検温など感染防止対策に取り組まれているものと存じますが、具体的にはどの様な状況なのでしょうかお伺いします。これらの対策は、教育委員会として一定の基準や共通の要求をされているのでしょうかお伺いします。また、休校中の学習の遅れに対して今後の具体的な取り組みはどのようにされるのでしょうかお伺いします。学習保障の観点から、その学年で学ぶべき内容はその学年のうちに終わる計画で進められるのでしょうかお伺いします。さらに、運動会、体育祭修学旅行などの学校行事、部活動などの各教育活動の実施について入間市としてはどの様にお考えなのでしょうかお伺いします。

 

次に「更なる長期化への備え」についてお伺いします。
第2波、第3波による再度の臨時休校も想定されるなか、オンライン授業の実施、オンラインでの児童・生徒、保護者とのやり取りが出来るようするために、早期の環境整備が必要であると考えます。オンライン化に向け一人一台の端末の整備、インターネット環境整備はもちろんのこと、授業などのコンテンツの配信に向けた具体的な準備状況はどの様なものでしょうかお伺いします。

最後に「今後の方針とメッセージ」についてお伺いします。

 

改めまして、今日(こんにち)のコロナ禍での入間市の教育について教育長はどのような姿勢、意気込みで取り組まれるのか、今後の方針とメッセージをお伺いします。