日本初の技術で可燃ゴミを資源に

  • 2020.01.20 Monday
  • 09:23
日本初のリサイクル技術を用いた株式会社エコマスターさんを視察してきました。
視察させていただいた香川県三豊市では民設民営で家庭や事業所から出る燃やせるごみを発酵・乾燥させて「固形燃料」の原料 としてリサイクルしておりました。
この技術によりこれまで焼却処理してきた燃やせるごみが、エネルギーに生まれ変わります。 入間市に導入する場合は固形燃料の販路や分別方法などの課題はありますが、クリーンセンターの老朽化、最終処分場の拡張に対して新しい考え得ることが出来ました。
ヨーロッパの技術を日本にもってきた社長さんから熱意ある説明をいただきました。メディアでも紹介され全国から視察がきているようで、今後各地でゴミの処理方法が見直される動きがあるようです。
持続可能性や環境問題を技術で解決していくとりくみは意識を変える上でも大切であります。
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

ツイッター

selected entries

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM