calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

archives

ツイッター

春日部市長選挙 いわや一弘候補

0
    春日部市長選挙がスタートしました。 春日部市は市長選挙と衆議院議員選挙のダブル選挙です。? ?私も所属させていただいております埼玉県内の若手政治家政策集団の埼玉青志会前会長である「いわや一弘候補」が立候補しており県内各地からメンバーが応援に伺っております。 「いわや一弘候補」は春日部市議会議員としての実績はもちろんですが、県内各地のネットワークや民間か各種団体とのネットワークがあります。春日部市の未来を真剣に考えて、これまで築いてきたものを使って新たな取り組みをしていくと熱く訴えております。 新市長 変わるかすかべ オールかすかべ 再輝動

    二本木神社例大祭

    0
      大雨の中、二本木神社例大祭が行われました。 お神輿は天候の関係で中止になりましたが宮寺・二本木元気アップで焼きそば、ポップコーンを販売しました。

      地域の皆さんの地元を盛り上げる取り組みに感謝です。

      川越市庁舎耐震工事 行政視察

      0

        入間市では現在市役所・市民館の耐震補強、立替についての検討が進んでおります。

         

        先日、会派で近隣市であります川越市を行政視察させていただき、市庁舎耐震工事における耐震工事の経緯についてと耐震工事の状況について学ばせていただきました。

         

        川越市の市役所本庁舎耐震化基本計画の概要は、 本庁舎の最適な耐震化手法を明らかにし効率的に事業を進めるため以下の 3 点を前提条件としておりました。

         

        ・耐震化の早期実現・・・平成27年度末までに耐震化実現

         

        ・居ながら施工・・・施工中の市民サービス及び執務環境の維持

        ※ 居ながら施工:庁舎を使いながら耐震改修工事を実施する方法 

         

        ・ 財政負担の軽減・・・財政負担軽減に寄与する事業手法の選定

         

        川越市の耐震化工法の複数検討、予算の比較、工事中の業務、耐震後の市民の反応など多岐にわたり質問させていただきました。 入間市では現在、市民ワークショップの実施や議会の特別委員会で検討しております。多くの市民のご意見や他市の事例を参考に会派で議論を深めてべ須ちな選択を提案していきます。


        衆議院議員選挙 埼玉9区 大塚拓候補

        0
          衆議院議員選挙も中盤戦に差し掛かりました。 埼玉県第9区から4期目の大塚拓候補が連日想いのこもった演説を各所で行っております。 「日本と、世界と、まっすぐに向き合う。」とおう想いを政策とあわせて訴えております。 内閣では財務副大臣、法務大臣政務官、内閣府大臣政務官を経験しており正に今の政策課題を中心で取り組まれてきました。 北朝鮮の核・ミサイル開発への対応にしても演説訴えておりますので、是非お聴き頂ければと思います。 中盤から後半にかけても多くの方と地域や国のあり方を共有して考える機械とできればと思います。

          人口減少対策とシティセールス

          0
            最大の政策課題である人口減少対策についてシティーセールスの観点から質問しました。
            以下、質問答弁概要版です。全文は入間市議会HPからご覧くさい。
            質問 
            「入間市が抱えている最大の政策課題は人口減少対策である。人口減少対策の攻めの政策にシティセールスがあるが、入間市の目指すシティセールスとはどのようなものか。」
            市長 
            『「元気な子どもが育つまち」づくりの推進をアピールして、子育て世代を中心とした若い世代の転入、定住人口の増加を目指している。』
            質問
            『「入間市まち・ひと・しごと創生総合戦略」の中間年度までの進捗状況として、若い世代の転入と定住人口の増加状況は。」
            企画部長 
            「平成28年8月から29年7月の1年間で509人減少している。」
            質問 
            「首都圏からの距離や圏央道の開通による利便性を最大限活かして、東京圏の子育て世代にターゲットを絞ったシティセールスを展開していくべきではないか。」
            市長 
            「利便性がありつつ、豊かな自然にも恵まれていることから、充実した住環境の生活都市として積極的にPRし、若い世代に選択される入間市を推進していく。」
            質問
            「今後の更なる取り組みとして、市民によるシティセールスの喚起、民間活力をシティセールスに活用、広域エリア一体でのシティセールスが必要ではないか。」
            市長 
            『「元気な子どもが育つまち」の実現に向けて、市民、民間事業者と連携して、さらに本市に限らず、ダイア4市や圏央道沿道自治体による広域一体となってシティセールスに取り組んでいく。』

            | 1/246PAGES | >>